2012年12月03日

苔のむすまで


こんばんわヽ(^。^)ノ

いや~本当寒いですねicon04
またここの所は雨続きですねicon03

オイラは乾燥肌のせいか、最近は太ももやフクラハギがカユイカユイ・・・face03
まだ若い!を自負してますが(笑)
そろそろスティテコでも履こうかな~

さて、チト夜間作業なんかが続いてましてPCを開いてませんでしたら!
兄貴からお便りが2通届いてましたのでご紹介しますねヽ(^。^)ノ


一番大切な事は目に見えない

当時母島には、陸海軍合わせて約7500名(現在の島民数は約450名)の日本兵が配属された。
また、看過できない事実として、内地への強制疎開開始後も義勇隊として残留した(させられた)178名の民間人がいたこと。



あなたの目にこれが、どう映るか・・・
ここは日本です




タグ :父島母島

同じカテゴリー(父島・母島からの手紙)の記事画像
静沢101高地防空砲台
謹賀新年
現用施設
名も無きトンネル
コンクリート製穹窖 (きゅうこう)
震洋
同じカテゴリー(父島・母島からの手紙)の記事
 静沢101高地防空砲台 (2013-01-04 03:14)
 謹賀新年 (2013-01-01 08:54)
 現用施設 (2012-12-29 07:00)
 名も無きトンネル (2012-12-23 10:10)
 コンクリート製穹窖 (きゅうこう) (2012-12-17 00:26)
 震洋 (2012-12-09 13:04)

Posted by キラ  at 21:35 │Comments(1)父島・母島からの手紙

この記事へのコメント
当然ですが、母島にもあるのですね。
子供の頃。小笠原のガイドブックを見て、いつか境浦の「濱江丸」を見に行こうと思っていました。その頃の姿は、まだ船の形をしていました。 
約30年後の昨年、念願叶い小笠原へ行き、境浦にてシュノーケリング。
長男(6歳)と長女(9歳)を連れて見た濱江丸は、エンジンが残り、かろうじて船体の形があるのかな?位に朽ちていました。
こういった砲や壕、全て朽ちて無くなってしまう前に日本人には見て欲しい場所ですよね。イルカや鯨だけではなくて、過去に起こった事を間近に見れる貴重な場所(世界遺産)ですから。

>キラさん 私は頭が(乾燥で)痒いです。。
Posted by カリブ at 2012年12月04日 14:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。